エド・ ニコフ博士

ワードプレス上でアクセス数などが解析できるおすすめプラグインを4個紹介

ワードプレスでアクセス解析

[st-kaiwa-1372]なあ、ワードプレスで自分が書いた記事がどれぐらいの人に見られてるかわかる方法はないのか?[/st-kaiwa-1372]

[st-kaiwa-1363 r]ありますぞ!アナリティクスとサーチコンソールというグーグルが提供しているアクセス解析ツールですぞ![/st-kaiwa-1363]

[st-kaiwa-1390]えぇーアナリティクスとサーチコンソールは難しそうだから嫌ですぅ…[/st-kaiwa-1390]

[st-kaiwa-1363 r]それならプラグインはどうでしょうか?インストールして有効化するだけでOKデスゾ![/st-kaiwa-1363]

今回は「ワードプレス上で簡単にアクセス数などが解析できるプラグイン」をいくつか紹介しようと思います。この記事の対象の方としましては

『自分の書いた記事がどれぐらい読まれているか簡単にわかる方法はないかな?』
『アナリティクスを使わずに解析したい』

こんな方向けの内容となっております。

もし、本格的なアクセス解析をしたい場合は「グーグルアナリティクス」と「サーチコンソール」を使ったほうが良い場合が多いので、その場合はコチラの記事を参考にしてください。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

「とりあえずこれだけ覚えれば大丈夫!アナリティクスとサーチコンソール一番簡単な使い方」←現在執筆中です。

[/st-mybox]

それでは、それぞれのプラグインの簡単な使い方とメリットをご紹介しようと思います。

 

Wp-PostViews

アクセス解析プラグイン-WP-PostViews-

▲WP-PostViews

おすすめ度[star5] 5

特徴

・一番簡単に記事毎のアクセス数が見れる
・多くの人が使っていて人気
・バグがほとんど起こらない

記事ごとの閲覧数を表示してくれるプラグインです。初心者の方でも導入するだけで記事一覧からアクセス数を確認することができます。シシトウ団も現在このプラグインを使って記事ごとのアクセス数を把握しています。残念ながら閲覧数の合計を出すことはできないようです。

[st-kaiwa-1356 r]シシトウ団ではコレを使って大まかなpv数を確認していますゾ![/st-kaiwa-1356]

 

Count per Day

アクセス解析プラグイン-Count per Day-

▲Count per Day

おすすめ度[star5] 5

特徴

・アナリティクスを使わずにアクセス状況が分かる
・アクセスカウンターをHPに設置できる

簡単にアクセス解析をするならの「Count per Day」がおすすめです。プラグインを導入して有効化するだけでダッシュボード上にアクセスグラフを表示できます。

アクセス解析プラグイン-Count per Day02-

このように「月間訪問者数」「月間閲覧数」「1日当たりの訪問者数」がグラフで表示されます。グラフで表示されるので視覚的にも数字の遷移が分かりやすく初心者の方のアクセス解析におすすめです。

[st-kaiwa-1363 r]アナリティクスを使いたくない方にはこちらがオススメになっております![/st-kaiwa-1363]

また、おまけとしてサイト上にアクセスカウンターを設置することもできます。そちらについては以下のサイトで詳しく解説されていたのでご紹介しておきます。

▼Count per Dayの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

 

Jetpack by WordPress.com

アクセス解析プラグイン-Jetpack by WordPress.com-

▲Jetpack by WordPress.com

おすすめ度[star3] 3

特徴

・アナリティクスと並ぶ王道アクセス解析プラグイン
・ワードプレスの公式プラグインなので安心
・専用アプリもあり、スマホでアクセス解析できる

WordPress 公式がオススメしているプラグインでアクセス解析はもちろん、ライティング補助機能やパフォーマンススピードアップなど、ブログ運営においても便利な機能が揃っています。

メインのアクセス解析機能は全期間のアクセス数がわかったり、本日のアクセス数や過去最高のアクセス数が確認できます。また、どのキーワードでサイトにアクセスしたかが分かる「検索キーワード」も分かったりと結構充実しています。

以下のサイトで詳しく解説されていたのでご紹介しておきます。

▼【2019最新版】Jetpackプラグインの全機能&おすすめの設定方法を解説!

 

[st-kaiwa-1372]ここらへんからちょっと難易度が上がってくるな![/st-kaiwa-1372]

[st-kaiwa-1356 r]最初は難しいと思いますからゆっくり、確実に進めましょう![/st-kaiwa-1356]

 

WP-Slimstat

アクセス解析プラグイン-WP-Slimstat-

▲Slimstart Analytics

おすすめ度[star3] 3

特徴

・シンプルなのに、高機能
・アナリティクスよりも、わかりやすい

ワードプレス内でそのままアクセス解析が行える「WP-Slimstat」記事ごとのアクセス数はもちろん、全体のアクセス数や検索キーワードなども解析することが出来ます。ただし高機能で出来ることが多いため初心者の方は最初ややこしいと感じるかもしれません。ちなみに2018年以前では日本語化がされてませんでしたが、2019年現在では日本語化が完了しています。

以下のサイトで詳しく解説されていたのでご紹介しておきます。

▼Google Analyticsを使わない簡単なアクセス解析なら「Slimstat Analytics」

 

[st-kaiwa-1384]出来ることが多いと頭がパンクするです…[/st-kaiwa-1384]

[st-kaiwa-1356 r]ここまで来たらグーグルアナリティクスでも良いと思います![/st-kaiwa-1356]

 

アナリティクスは使った方がいいのか?問題について

結論としてアナリティクスは「使わなくても設置だけはしておくべき」だと考えています。

何故なら、今後サイトが大きくなるにつれもっと細かくアクセスを解析したいと感じるようになってきます。しかし、その時にアナリティクスを設置しようとしても過去のデータを遡って取得する事が出来ません。アクセス解析をする時には出来るだけ過去のデータが多い方が良いですよね?その方がデータに正確性が増す為です。

しかしアナリティクスを設置していない間のデータは当然見れないので、出来るだけ多くのデータを集めるためにも早めに設置しておく方が良いわけです。

[st-kaiwa-1390]やっぱりアナリティクスを導入しておいた方がいいんですね…[/st-kaiwa-1390]

[st-kaiwa-1356 r]大丈夫です!見るのは難しくても設置自体は簡単ですゾ![/st-kaiwa-1356]

こちらにアナリティクスの設置方法を詳しく解説してある記事を貼っておきます。とりあえず導入だけでもしてみてください。

 

▼アナリティクスの導入方法

[st-card id=269 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

▼サーチコンソールの導入方法

記事の冒頭でも紹介したように見るべきところを絞ればアナリティクスもサーチコンソールもすごく簡単に見ることができますので是非そちらの記事もご覧ください。

▼これだけ見れば大丈夫!

いかがでしょうか、初心者のかたへ向けて WordPress のアクセス数を簡単に表示できるプラグインをご紹介させていただきました。この記事で皆さんのアクセスが増えて良き副業ライフを送れますように、バイバイ!